Sports Analysisのブログ

サッカー、野球、アメフト、バスケットなどなどスポーツに関するデータを紹介!

【海外サッカー】採点から4大リーグの今シーズン注目選手を選出!

ヨーロッパのサッカーシーズンが開幕して約1ヶ月が経過した。

W杯後の開幕という事もあり、W杯に出ていない選手はコンディションの面で優位に立っている印象がある。

その中で、躍進を遂げた若手や復活を果たしたベテランなど意外な選手の活躍が目立つ。

そこで今回の記事ではWhoscoredの採点結果を基に、ヨーロッパ4大リーグから今シーズン注目の選手を2人選出し紹介する。

なるべく若手とベテランという組み合わせで選出してみる。

続きを読む

【MLB】今年一番飛ばした男、トレバー・ストーリー

残り数試合を残すのみとなったMLB

そんな中でナ・リーグワイルドカードを争っているのがコロラド・ロッキーズ

7年ぶりにポストシーズンに進出した昨年に続いて、今シーズンも好調を維持している。

そんなロッキーズアメリカ代表のアレナド選手とともに引っ張っているのがトレバー・ストーリー選手だ。

メジャーデビュー3年目のストーリー選手は今シーズンここまでほぼ全試合に出場し、

不動のショートとしてチームに貢献している。

そんなストーリー選手が今年最長のホームランを放っていることを知っているだろうか?

今回の記事ではストーリー選手の最長ホームランの動画を紹介するとともに、今シーズンのスタッツも紹介する。

 

続きを読む

【海外サッカー】ムバッペはメッシとC・ロナウドを得点の面で超えられるかを検証!

今日こんな記事がフットボールチャンネルから出ていた。

headlines.yahoo.co.jp

内容としては19歳時点ではムバッペ選手がメッシ選手とC・ロナウド選手を上回る得点を記録してるというもの。

確かにムバッペ選手の得点力は19歳とは思えないほど高い。

ただ、メッシ選手とC・ロナウド選手が現在の得点能力を開花させたのは22歳あたりからで、そこかは驚異的なペースで得点を量産している。

そこで今回の記事ではムバッペ選手、メッシ選手、C・ロナウド選手の得点のペースを可視化して、ムバッペ選手が今後この2人を検証する。

 

続きを読む

【MLB】前半戦のWARトップ5を紹介!(野手編)

開幕から4か月が経ち、終盤戦に突入したMLB

統計学的に見ると現時点で活躍している選手たちは、今後も同レベルの活躍を維持できると考えることが出来る。

strange.hatenadiary.jp

 

そこで今回の記事では、8月1日現在の総合指標「WAR」における野手のトップ5を紹介する。

今シーズンのMVPもこの5人の中から出る可能性が高いので、後半戦で注目して欲しい。

続きを読む

【サッカー日本代表】ロシアW杯選出メンバーの前回大会との共通率は過去最高!スタメンに注目すると苦戦の可能性大!?

今日、ロシアW杯に向けたサッカー日本代表のメンバーが発表された。

ハリルホジッチ監督を解任し、西野新監督の下発表された今回のメンバー。

ネット上では様々な意見があるが、その中でも多いのは「前回大会と代わり映えしない」という点。

そこで、過去のW杯のメンバーに関して前回大会との共通率を調査。

今回の記事では、この調査結果とロシアW杯で苦戦しそうな兆候について解説する

続きを読む

【MLB】遂に開花した本格右腕ゲリット・コールをデータで分析!

MLBにおいて最高の投手は誰だろうか?

近年この問いに対する答えは、マックス・シャーザー選手であり、クレイトン・カーショウ選手だった。

今シーズン、最高投手の候補に名乗りを上げた選手が居る。

それはゲリット・コール選手である。

2011年のドラフト全体1位でパイレーツに入団して以来、常に期待されてきたが遂に今シーズン大ブレイク

ここまで、防御率FIP・WARで全体1位と結果・内容ともにMLB最高レベルになっている。

今回の記事ではコール選手の進化をデータから分析する。

続きを読む

【NPB】ジャイアンツの小林誠司の最終成績をデータから予測!好調はいつまで続く?

日本のプロ野球が開幕して約1ヶ月が経過した。

最も注目を集めているチームである西武によく言われている「打線は水物」説を前回の記事では検証した。

 

strange.hatenadiary.jp

 

今回は、チームではなく選手個人に焦点を当ててみる。

何人かの選手が開幕から好調を維持しているが、この記事では読売ジャイアンツ小林誠司選手に注目する。

一時期首位打者に立つなど打撃面で活躍しているが、気になるのはその好調がいつまで続くか

ここでは統計学と今までのデータを使って小林選手の最終成績を予測する。

続きを読む