読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

strangeのブログ

サッカー、野球、アメフト、バスケットなどなどスポーツに関するデータを紹介!

レスターシティの今年の失速は予測可能だったか?

岡崎の所属しているレスターシティプレミアリーグ)が今シーズン苦戦している。

昨シーズンはプレミアリーグで1位になったが、今シーズンは降格一歩手前の17位。

主力を温存したとは言え、FAカップでは3部のチームに敗れてしまった。

その上、ラニエリ監督も解任された。

www.footballchannel.jp

苦戦の要因として、カンテの退団や相手の研究が進んだ、など色々な要因が挙げられている。

では昨シーズンの結果から今シーズンの失速は予測できたか?を考える。

 

昨シーズンの考察

昨シーズンの得点数、失点数。

ここでは過去5試合の得点数、失点数を平均することで、相手の強さやホームアウェイの違いなどノイズ要因の影響を薄める。

(グラフ横軸の1は1~5節の平均を、2は2~6節を示す)

f:id:TCDumplings:20170220192924p:plain

f:id:TCDumplings:20170220192938p:plain

まずは得点。

16節から若干の失速をみせるが、V字回復。

2回り目に入る後半戦も失速することなくシーズン終了。

つまり、一度対戦して警戒し、研究をしているチームに対しても得点数を維持出来ていたことが分かる。

次に失点。

序盤戦は2点以上だったが、中盤戦からは1点以下と素晴らしい結果。

守りに関しても相手に攻略された様子はなく、むしろ相手の研究が進んでもその固さは変わらなかったことが分かる。

 

まとめ

昨シーズンの結果からは今シーズンの失速は予想できなかっただろう。

実際に昨シーズンの終盤には、失速する失速すると何度も言われていたが優勝まで走り切った。

昨シーズンの戦いが感動的だっただけに、ここからの盛り返しに期待したい。

 

 

未到 奇跡の一年 (ベスト新書)

未到 奇跡の一年 (ベスト新書)

 

 

 

レスターの奇跡

レスターの奇跡