読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sports Analysisのブログ

サッカー、野球、アメフト、バスケットなどなどスポーツに関するデータを紹介!

【NBA】ハーデンはMVPを取れるか?

ヒューストン・ロケッツのJ・ハーデンが好調だ。

今シーズンはポイントガードとしてプレーしていて、得点だけでなくアシストでも活躍を見せている。

トリプルダブルは15回記録していて、ウェストブルックの32回に次いで2位に付けている。

チームもウェスタンカンファレンス3位でプレーオフ進出は間違いないだろう。

個人的に好きな選手なのでMVPを取って欲しいが、その可能性はあるのか?

それを検証する。

 

 

Value Over Replacement PlayerとMVP

Value Over Replacement Playerと言う指標がある。

これは選手の総合的な価値を表す指標で、各チームがすぐに獲得できる選手と比べ、どれくらいチームに勝ちをもたらしているかを示している。

つまりValue Over Replacement Playerが3ならば、その選手はチームに3勝をもたらしていると考えていい。

この指標のTOP5とMVP選手を過去10年比べてみる。

f:id:TCDumplings:20170312231440p:plain

(赤字がMVP受賞者)

まずこの表を見るとL・ジェームスの素晴らしさが際立つ。

2006-07シーズンから7シーズン連続でぶっちぎり1位

衰えたと言われる近年も5位以内を維持している。

ヤバいとしか言いようがない。

引退した後にM・ジョーダンと比べてどう評価されるか…

 

閑話休題

この表から分かる通り、やはり1位の選手がMVPを取る確率が非常に高い

また2014-15シーズンは2位のハーデンがMVPを獲得したが、値的には1位のカリーと僅差。

それ以外の3位の選手が獲得したパターンを見ると、選手自身が印象的な活躍&チームが飛躍が条件であることが分かる。

この2つの条件を考えるとハーデンのMVP獲得は難しい

まず印象度ではトリプルダブルを連発し、得点数が1位のウェストブルックが飛びぬけている。

またチームは好調だが、ウォーリアーズ、スパーズの後塵を拝している。

ハーデンがここからMVPを取るには、自身がさらに爆発しチームを更に押し上げることが必要だろう。

今年のハーデンならそれが出来ると思わせてくれるし、ぜひやって欲しい。

広告を非表示にする