Sports Analysisのブログ

サッカー、野球、アメフト、バスケットなどなどスポーツに関するデータを紹介!

【プロ野球】オープン戦とシーズンの相関を調べて分かった3つの事

WBCが盛り上がる中で、各球団はオープン戦を行っている。

オープン戦はシーズンと違い必ずしも勝利を目指す訳ではない。

例えば終盤に勝っていても勝ち継投の投手を投入しないこともある。

それでも試合を見ている我々ファンからすると、なるべく勝ってシーズンの戦いに繋げて欲しいと思う。

そこでオープン戦とシーズンの勝率の相関を調べた。

データとしては相関があると面白いが、相関がなかれば気楽に見られるだろう。

対象としたのは過去5年のデータ。

 

 

年度別の相関

まずは、過去5年のオープン戦とシーズンの勝率の関係をグラフに示す。

 

f:id:TCDumplings:20170319235442p:plain

なんとも言えないグラフになっている。

例えば2012年の横浜DeNAオープン戦で勝率0.647を記録しながら、シーズンではこの5年で最低の0.351を記録した。

それに対して2014年のヤクルトはオープン戦で0.083(!)を記録しながら、シーズンでは0.426だった。

この様に全体としてみるとオープン戦とシーズンの勝率には相関が無いと考えられる。

実際に相関係数を計算すると以下の表の通り。

相関係数が大きいほど両者の関係は強い)

f:id:TCDumplings:20170320004815p:plain

もっとも相関が高い2013年でも0.552と相関があるとは言い難い。

したがって、全体として見るとオープン戦の勝ち負けにはこだわる必要はないと言える。

チーム別の相関

次はチーム別の相関を示す。

f:id:TCDumplings:20170320005508p:plain

ほとんどのチームに相関がないと言えるが注目すべきは横浜DeNAと中日。

横浜DeNAは強い負の相関を持っている。

つまり、横浜DeNAオープン戦の成績が悪い年にシーズンの成績が良いことになる。

それに対して、中日は強い正の相関を持っている。

つまり、中日オープン戦の成績が悪い年にシーズンの成績が悪いことになる。

したがって、横浜DeNAと中日のファンはオープン戦の成績を気にする必要があると言える。

(ちなみに自分は中日ファン

まとめ

分かったことは以下の3つ。

・全体としてみるとオープン戦とシーズンの勝率には関係がない。

横浜DeNAオープン戦の成績が悪い年にシーズンの成績が良い。

 =横浜DeNAオープン戦の成績が良い年にシーズンの成績が悪い。

中日オープン戦の成績が悪い年にシーズンの成績が悪い。

 =中日オープン戦の成績が良い年にシーズンの成績が良い。

オープン戦の楽しみの1つになればうれしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

プロ野球選手データ名鑑2017 (別冊宝島)

プロ野球選手データ名鑑2017 (別冊宝島)

 

 

 

付録

横浜DeNAと中日はオープン戦とシーズンの勝率に強い相関があるので、関係式を導出して今シーズンの成績を予測してみる。

関係式

横浜DeNA:シーズンの勝率=-0.2865×オープン戦の勝利率+0.5864

中日:シーズンの勝率=0.3884×オープン戦の勝利率+0.3376

現状での予測

横浜DeNA:0.456

中日:0.467

広告を非表示にする