Sports Analysisのブログ

サッカー、野球、アメフト、バスケットなどなどスポーツに関するデータを紹介!

【MLB】今日の気になる選手とその数字:M・ケンプ【2017年4月30日】

w日本時間2017年4月30日に行われたメジャー試合の試合から気になる選手とその数字を紹介!

 

今回は3本塁打:マット・ケンプ選手

 アトランタ・ブレーブスマット・ケンプ選手が3本塁打を放ち、チームを11対3の勝利に貢献した!

 

m.mlb.com

 

ライトに2本、レフトに1本と広角に打ち分けたケンプ選手。

 

これで4月は6本塁打以上のホームランを放ったこととなる。

 

ケンプ選手と言えば2011年あたりはリーグを代表するプレイヤーと見られていた。

 

メジャーに定着した2008年からの成績を見てみよう。

 

Year Age Tm Lg G HR SB OBP SLG OPS Awards
2008 23 LAD NL 155 18 35 0.34 0.459 0.799  
2009 24 LAD NL 159 26 34 0.352 0.49 0.842 MVP-10,GG,SS
2010 25 LAD NL 162 28 19 0.31 0.45 0.76  
2011 26 LAD NL 161 39 40 0.399 0.586 0.986 AS,MVP-2,GG,SS
2012 27 LAD NL 106 23 9 0.367 0.538 0.906 AS
2013 28 LAD NL 73 6 9 0.328 0.395 0.723  
2014 29 LAD NL 150 25 8 0.346 0.506 0.852  
2015 30 SDP NL 154 23 12 0.312 0.443 0.755  
2016 31 TOT NL 156 35 1 0.304 0.499 0.803  
2016 31 SDP NL 100 23 0 0.285 0.489 0.774  
2016 31 ATL NL 56 12 1 0.336 0.519 0.855  
2017 32 ATL NL 11 3 0 0.327 0.596 0.922  

 

特に素晴らしいのは2011年。

 

WARで全体2位と、39本塁打を記録しながら40盗塁を達成

 

守備にやや疑問はあったとは言え、26歳とまだまだ若かったことからリーグを代表する5ツールプレイヤーになると見られていた。

 

ただそれ以降のシーズンは、怪我と懸念されていたフリースインガーの悪い部分が出てしまい、安定した成績を残せず。

 

2015年以降は毎シーズンチームを移籍するジャーニーマンとなっている。

 

迎えた今シーズン、年齢的にも盗塁を稼ぐことは難しくなっているがここまで中々の好調。

 

フリースインガーぶりは相変わらずで出塁率は低いが、長打率の高さに助けられOPSは高い

 

個人的にはメジャーを見始めた時にスターだった選手なので思い入れがある。

 

過去の様に総合的な活躍は難しいかもしれないが、豪快なバッティングを1年続けて欲しい。

広告を非表示にする