読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sports Analysisのブログ

サッカー、野球、アメフト、バスケットなどなどスポーツに関するデータを紹介!

【MLB】今日の気になる選手とその数字:C・アトリー【2017年5月11日】

日本時間2017年5月11日に行われたメジャー試合の試合から気になる選手とその数字を紹介!

今回は0.036:チェイス・アトリー選手。

 開幕から4月24日まで打率0.036と苦しんでいたチェイス・アトリー選手が、2安打2打点の活躍でドジャースの勝利に貢献した!

m.mlb.com

かつてはフィリーズで球界No.1の二塁手と評されていたアトリー選手。

 

2006年~2009年の4年連続でOPS0.9超えを果たしながら、UZRも10超えを3度記録するなどまさに攻守で完成された選手だった。

 

ただそれ以降は怪我の影響などもあり、フルシーズン戦えた年は少ない。

 

2015年途中にドジャースに移籍。

 

昨シーズンは138試合に出場し、レギュラーとしてプレーした。

 

ただ、OPSが0.716など成績は過去に比べるとかなり寂しい

 

この成績の低下は変化球への対応力が低下していることが原因

 

wXX/Cというある球種を100球を投げられた時、平均に比べて何点上積み出来るかを示す指標がある。

(XXには球種が入る)

 

例えばwSL/C=2の場合、その打者はスライダーを100球投げられた時、平均に比べて2点多く点が入ることを示す。

 

アトリー選手の場合、前途の4年間はどの球種に対しても強かった

 

ただ昨シーズンは、スライダー、カットボール、フォークに対してマイナスを記録してしまった。

 

「衰えは目から来る」という通説通りの結果と言えるかも知れない。

 

更に今シーズンは、ストレート系の値もマイナスになってしまっていて、かなり苦しい状況だ。

 

現状から復活していくには、直球か変化球のどちらかにまず対策を打つことが必要不可欠だろう。