Sports Analysisのブログ

サッカー、野球、アメフト、バスケットなどなどスポーツに関するデータを紹介!

【NBAサマーリーグMVP】ロンゾ・ボールとは何者なのか?強みはバスケIQ!【レイカーズ】

シーズン前の恒例イベント、NBAサマーリーグの全日程が終了した。

 

サマーリーグは各チームが選手の見極めを行う機会で様々な選手が出場するが、何といっても注目はルーキーの選手達

 

特に今回は今シーズンのドラフト全体2位、レイカーズのロンゾ・ボール(Lonzo Ball)選手がMVPを獲得した!

 

今回の記事では、レギュラーシーズンでの活躍が期待されるロンゾ・ボール選手を紹介する。

 

 

大学時代の活躍

ロンゾ・ボール選手は昨年UCLAに入学し、1年生ながら大活躍した!

 

スタッツは以下の通り。

14.6 ppg, 6.0 rpg, 7.6 apg, 2.4 tpg, 1.8 spg, 35.1 mpg, .551 FG, .412 3PT, .673 FT

 

このスタッツが示す通り、全ての面で素晴らしい成績を残しており正にオールラウンドな活躍

 

この活躍の結果、各媒体の最優秀新入生を獲得し、UCLAの生徒としてはケビン・ラブ選手以来のオールアメリカンチームに選出された。

 

ウェストブルック選手やハーデン選手に代表されるオールラウンダー時代のNBAでの活躍が期待されれる。

 

強み1:正確なシューティングスキル

大学時代のスタッフから分かる通り、高いシュート成功率を誇る。

 

今回のサマーリーグでは、フィールドゴール率:0.382とあまり高い成績では無かったが、これは試合数が少ないことが影響している。

 

ボール選手本来のシューティングスキルは、36得点を挙げた以下の試合で見られるだろう。

www.youtube.com

 

強み2:高いバスケIQ

サマーリーグを通して1試合平均、16.3ポイント、7.7リバウンド、9.3アシスト、2.5スティールを記録している。

 

このオールラウンドな結果を残せた要因は、ボール選手のバスケIQの高さにある。

 

実際のプレーを見ていると、クリス・ポール選手やレブロン・ジェームス選手を彷彿とさせるプレー選択の上手さが際立つ。

 

サマーリーグ最初のプレーでいきなりアリウープパスを成功させるとは、只者ではない!

(以下の動画の最初のプレー)

www.youtube.com

 

まとめ

サマーリーグでのプレーをレギュラーシーズンで直ぐに見せられるほどNBAは甘くないが、実際のプレーを見ているとボール選手には活躍出来る能力があると思える。

 

オールラウンダー全盛のこの時代に、新たなオールラウンドなスターが生まれる瞬間を見届けたい。

 

 

 

 

FLY BASKETBALL CULTURE MAGAZINE ISSUE02 (FLY Magazine)

FLY BASKETBALL CULTURE MAGAZINE ISSUE02 (FLY Magazine)