Sports Analysisのブログ

サッカー、野球、アメフト、バスケットなどなどスポーツに関するデータを紹介!

【MLB】ペナント終盤戦!データでMVPを予想してみる!

いよいよ終盤戦に突入したMLB

 

ドジャースアストロズの様に首位を独走するチームがある一方、複数のチームが優勝争いを繰り広げている地区もある。

 

今回の記事ではここまでのデータを振り返りながら、ア・リーグ&ナ・リーグのMVPを予想する。

 

今後のペナントでこの選手たちに注目して欲しい。

 

 

ア・リーグ

本命:クリス・セール

f:id:TCDumplings:20170824203304j:plain

オールスター前までのMVP最有力候補は、アーロン・ジャッジ選手だった。

 

strange.hatenadiary.jp

 

成績だけでなく、ホームランの飛距離が残した印象、チームの好調さもあり、MVPの獲得は確実と見ていた人が多かった。(私も含め)

 

ただ、7月以降のジャッジ選手は失速してしまい、今までの活躍が薄くなってしまった。

 

そんな中開幕からの好調を維持しているがクリス・セール選手。

 

strange.hatenadiary.jp

 

fWAR:7.4は野手を含めた全選手中1位。

 

連続2桁奪三振の記録も作っており、印象と言う面でも問題なし。

 

LOB%やBABIP、xFIPのを見ても今後大きく失速するとは考えづらいので、このままの活躍を見せてくれるはずだ。

 

懸念材料は、チームの成績。

 

レッドソックスは首位争いを繰り広げているが、首位を逃す様なことがあれば票が集まりにくくなるかもしれない。

(個人賞にチーム成績が関わるのもどうかと思うが…)

 

対抗:ホゼ・アルトゥーベ

f:id:TCDumplings:20170824203328j:plain

今シーズンのア・リーグで最も印象的なチームは、アストロズだ。

 

そのアストロズからMVP候補を選ぶなら、やはりホゼ・アルトゥーベ選手だろう。

 

fWAR:6.1はジャッジ選手を超えて全野手中1位。

 

打率で首位を走りながら、長打率:0.565を記録しており、今年は更に打撃を進化させた印象だ。

 

アストロズがこのまま独走優勝を遂げれば、セール選手の有効な対抗馬となるだろう。

 

ナ・リーグ

コーリー・シーガー選手

f:id:TCDumplings:20170824203346j:plain

ナ・リーグで最も印象的なチームは、やはりドジャースだろう。

 

MLB記録の50試合中43勝を挙げる時期があるなど、シーズン最多勝である116勝越えを狙える勢いで勝ち続けている

 

MVPもやはりこのチームから選ばれそうで、それはコーリー・シーガー選手だろう。

 

チームトップのWAR:5.1を記録しており、要のショートを守っているのもプラス材料だろう。

 

今シーズンは守備面での躍進し、ショート全体3位のUZR/150:9.6を記録している。

 

圧倒的な打撃成績を残している訳ではないのが懸念材料だが、近年の傾向である総合力を評価する流れに従えば、最有力候補だろう。

 

対抗:ジャンカルロ・スタントン

f:id:TCDumplings:20170824203403j:plain

打撃面で圧倒的な印象を残しているのは、ジャンカルロ・スタントン選手だ。

 

序盤はやや不調だったが、8月に入り絶好調。

 

現時点で全体ダントツトップの46本塁打を放ち、長打率:0.640を記録している

 

チームがプレーオフに滑り込むことが出来れば、終盤戦に覚醒したスタントン選手の印象は大きくなるはずなので、MVPも見えてくるだろう。

 

まとめ

有力な候補が居るア・リーグ、群雄割拠のナ・リーグという図式になった今回の予想。

 

最後まで何があるか分からないMLBなので、今回の予想も気に留めながら、楽しんでもらえると有難い。