Sports Analysisのブログ

サッカー、野球、アメフト、バスケットなどなどスポーツに関するデータを紹介!

【海外サッカー】エンバペは得点数でメッシ・ロナウドを超えられるか?2020年版検証

以前このような記事を書いた

https://strange.hatenadiary.jp/entry/2018/09/14/010927

 

それから約2年が経ち、エンバペ選手は当時の自分の予想より遥かにハイペースで得点を積み重ねており、メッシ・ロナウド両選手を得点数で超えることのも現実になるかもしれない。

そこで今回の記事では、今シーズンの得点数も考慮に入れつつ、エンバペ選手がメッシ・ロナウド両選手を得点数で超えられるかを検証する。

f:id:TCDumplings:20200809214620j:plain

エンバペ選手のゴールパフォーマンス

記録のソースはFBReferenceを参照した。

https://fbref.com/en/

 

年齢別得点数

エンバペ(Kylian Mbappé)

今シーズンは全大会で30ゴールを決めているエンバペ選手。

怪我があったため出場試合数が減ってしまったが、得点ペースは驚異的。

特にチャンピオンズリーグでは5試合で7得点を記録している。

f:id:TCDumplings:20200810093619p:plain

エンバペ選手の得点数



年齢別の得点数は以下の通り。
 

 

パリ・サンジェルマンがまだチャンピオンズリーグで勝ち残っており、次の対戦相手が攻撃的なアタランタであることを考えると、今シーズンも更に得点数を重ねるだろう。

 

メッシ(Lionel Messi)

今シーズンは全大会で31得点を記録しているメッシ選手。

これもかなり凄い記録であるが、40得点を下回ったのはメッシ選手にとって6年ぶり

といっても不調のシーズンだった訳ではなく、アシスト数が24と過去最高レベルだったので、得点よりアシストに重きを置いたシーズンと見るのが正しいだろう。

 

年齢別の得点数は以下の通り。

f:id:TCDumplings:20200810093934p:plain

メッシ選手の得点数


 

C・ロナウド(Cristiano Ronaldo)

今シーズンは全大会で37ゴールを記録しているロナウド選手。

サッリ監督の下、シーズン当初はややゴール数も伸び悩んでいたが、シーズン後半に一気にゴールを量産した今シーズン。

驚異的な身体能力はまだまだ衰えていない様に見えるが、35歳になる来シーズンはどうなるだろうか?

 

年齢別の得点数は以下の通り。

f:id:TCDumplings:20200810094001p:plain

C・ロナウド選手の得点数


 

 

3選手を比較

これまでの得点ペース

ここでは3選手の累計得点を1つのグラフにまとめて、そのペースを比較してみる。

20歳時点での累計得点はエンバペ選手が約70得点上回っている。

この時点エンバペ選手の凄さが分かるが、メッシ選手もC・ロナウド選手も22歳から爆発的なペースで得点を積み重ねており、まだまだ先は長い。

これを超えるためにはどのくらいの得点が必要なのだろうか、検証してみる。

毎シーズン30得点

エンバペ選手が今シーズンの30得点をこれから連続して記録し続けたと仮定した場合が以下の通り。

(まだ増える可能性はあるが)

メッシ選手には25歳時点で、ロナウド選手には29歳時点で下回ることになる。

30得点というハイペースでもこの結果になってしまうのは、メッシ・ロナウド両選手の凄さが際立つ。

 

毎シーズン40得点

次に毎シーズン40得点を記録した場合の得点ペースを見てみる。

40得点という素晴らしい記録を毎シーズン残すことで、ロナウド選手を超え、メッシ選手に並ぶペースとなる。

レバンドフスキ選手が昨シーズン記録したのが40得点なのを考えると、40得点の壁の高さが分かるだろう)

相当に高い壁であることは間違いないが、エンバペ選手のポテンシャルであればこの予想以上の事を達成する可能性もある。

 

 

 

 

 

最後に

ファンの期待を超えるペースで成長し、ゴールを決めているエンバペ選手。

そんなエンバペ選手と比較し、検証を進める中で改めて見えてきたのはメッシ・ロナウド両選手の凄さ。

2010年代を席巻してきた2選手に変わってエンバペ選手が2020年代インパクトを生み出せるか。

 

おまけ

「Kylian Mbappé」をどのように発音するか、というのをサッカーキングが本人に聞いてきてくれている。

https://www.youtube.com/watch?v=47fa_hXcpL0